TSC48 第4戦 優勝

10/6~7の2日間でTSC48 2019 第4戦が開催&参戦しました。

参加人数は、4名と寂しい大会になってしまいましたが私にとっては、参加人数が2人だろうが100人だろうがやることは、一緒!

相手が何人居ようが「とにかく全力で釣りをする」

臭い言い方すれば「自分自身との戦い」

今できる最大限の釣りを全力で釣りをした結果が順位になるだけ

大会当日までにどれだけ準備したか、大会当日のスケジュールをどう組むか、大会当日どう実践するか…

これだけ。だからどんな結果になっても言い訳無用!

 

TSC48は、48時間という時間の中で釣行時間を作ったり調整したりタイミングを計ったりと実釣以外の部分にも戦略が大切(仕事との兼ね合いとかね)

その48時間という時間を有効に活用するために大会当日に大会も普段のガイドのプラクティスも同時にやっちゃう感じでの釣行

だから2日間で時間のある限り海に出る(もちろんタイミングを計りながらね)

 

前置きが長くなってしまったが今回は、秋シーズン突入ということもあり大型ラッシュが期待される

ということもあり作戦としては、

「70cm以下は、釣らない!」

といかにも秋らしい作戦で行くことに…

そのために選んだ釣り方は、もちろんビッグベイト縛り

そして第1フライト

10/6 22:30頃より出港

この時期定番のナイトランカーポイント

少し前からガイドでもちょくちょく行っては、いるもののイマイチな感じだったのだがここ数日海の状況がガラッと変わった印象なのでもしかして…

なんて淡い期待を持って釣行開始!

ここでの定番ですが今や入手困難なMD8からスタート

開始早々より大型からの明確バイト!

しかしフックアップせず…

そんな状態が暫く続き追っかけてくる大型魚もはっきり見えているので居るのは間違いない

だが少し気分転換をするために一旦移動することに

 

次に入ったポイントは、明かりの下にシーバスが列になって並んでるのが丸見え

サイズは40~50cmが中心だがものすごい数が目視できる

当然ルアー(ビッグベイト)をキャストするとルアーの後ろに20~30匹でワラワラついてくるのがはっきり見える

もちろん釣る気になってルアーをチェンジすればそれこそ1キャスト1ヒットの入れ食いになるのは、間違いない

中には、結構大きそうなのも含まれてるが効率が悪そう(ガイド中ならパラダイスなんだけどね)

なのでさっさと移動

今度は、本命ポイント

実は、先日ガイド終わりでちょっと出船しプラをやっていた際に80cm前後のシーバスが追っかけてくるのを7~8匹確認していた

おそらくナイトなら食うだろうと読んでのポイントセレクト

開始早々からやはりバイトあり

しかし私自身が今シーズンまだビッグベイトな体?になっていないせいかフックアップさせられない

それが更に焦りを生み悪循環

ようやくI-slide185Fでフックアップさせキャッチした魚は、78cm(全長81cm)

 

引き続きバイト&ヒットはあるものの中々キャッチできない中で71cm(全長73cm)キャッチ!

ここで一旦休憩のために戻ることに…

しかし戻る最中に気になった明かりの下をちょっとだけやってみることに

キャスト開始2投目で「ドン」とビッグバイト

慎重にやり取りしキャッチしたのは、83cm(全長86cm)

これまたI-slide185Fをガッツリ

ナイトゲームでのI-slide185F&ダウズスイマー220SFのフワフワ釣法は、やっぱり強いね!

 

このラッキーフィッシュで少し落ち着いたところで一旦帰港

 

少し仮眠をとったところで朝マズメ狙いの第2フライト

もちろん引き続きビッグベイト縛り

明るい時間もダウズスイマー220SFで数本キャッチしたが63,53cmと望むサイズではなく意気消沈

しかしとりあえずリミットメイクは、達成したので短時間にて第2フライト終了

再び帰港しガッツリ睡眠…

 

夕方給油し夕マズメから第3フライト出港

昨晩取り切れなかったポイントでリベンジ

再びMD8からスタートするもやはりフックアップしない

そこでダウズスイマー220SFのフワフワ釣法にチェンジ!

これがあたり(^^)

しっかりフックアップして上がってきたのは68cm(全長70cm)

その後70cm(全長72cm)追加

これで全長ベースで全部70cm以上で揃ったところで雨が強くなってきたので終了

 

結果は、83cm(全長86cm)、78cm(全長81cm)、71cm(全長73cm)、70cm(全長72cm)、68cm(全長70cm)の5本合計370cm(全長382cm)で優勝でした!

リザルトは、TSC48公式HPで確認してください!

今回は、人数も少なく優勝という順位よりも作戦目標を辛くも達成出来たことのほうが非常に重要で嬉しい結果でした。

ちなみに場所は、川崎&鶴見の普段ガイドしているエリア(ポイント)オンリーです。最近のガイドでも結構やってるポイントですよ~

みなさんも頑張ればこの釣果は、出るはずですのでぜひ遊びに来てください_(._.)_

流石に2日間で10数時間ビッグベイト投げ続けていたので背中が痛いです(T_T)

 

当日の使用タックル&ルアー

タックル1

ロッド:RBSS SpecC2(プロト1)

リール:シマノ バンタムMGL XG Leftハンドル

主なルアー:メガバス I-slide185SW F


タックル2

ロッド:RBSS SpecC2(プロト2)

リール:シマノ オシアカルカッタ201HG

主な使用ルアー:メガバス マグドラフト(MD)8インチ

メガバス(Megabass) ルアー MAGDRAFT 8inch ビワコシャッド

メガバス(Megabass) ルアー MAGDRAFT 8inch ビワコシャッド

2,424円(12/09 01:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

タックル3

ロッド:RBSS SpecC2(プロト1)

リール:シマノ アンタレス DC MD XG 左ハンドル

シマノ リール ベイトリール 18 アンタレス DC MD XG 左ハンドル

シマノ リール ベイトリール 18 アンタレス DC MD XG 左ハンドル

57,000円(12/09 18:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

主な使用ルアー:ダウズスイマー220SF

現在入手困難です…

“TSC48 第4戦 優勝” への1件の返信

  1. ピンバック: 2019シリーズ 第4戦 リザルト – TSC48

コメントを残す