Contact

Home
ご利用案内
What's New
製品情報
会社案内

*突然ですが、この釣りを「ドゥンドゥン」と命名します。

ワームの釣り
こう聞くと皆さんはどんな印象を持つのだろうか?

よく聞くところでは「ワームですか〜」、「シーバスくらいはハードルアーで釣りたい」、「そこまでして(ワームを使ってまで)釣りたくない」・・・
そのほとんどが、あまり良い印象は受けない回答が多い

おそらく、ブラックバス出身?のアングラーやそのイメージ(餌っぽいから釣れやすい)からあまり良い印象が無いのではないだろうか?

まあ、シーバスくらいはハードルアーで釣りたいというアングラーは、この時期はトップで楽しめる機会が多いので、トップオンリーで攻めるのが良いかと・・・

ただ、どうしてもトップに出ない状態の場合、ほかに手はなくなるのでその覚悟は忘れないでほしい!
また、その状況は当日、現場に行くまで分からないので事前に確認は出来ないことも覚えておくことも重要!

単純にワームなら釣れる!
それはそれで間違いじゃない
しかし、それよりもっと重要なのは、トップにも勝るとも劣らない面白さにある。

Cap森田の夏ワームは、基本的に表層ゲームだという事!

要するに限りなくトップに近い状態
実際、バイトする際に水面を割って出てくることもしばしば・・・

しかも、ワームが視認出来る範囲の近距離戦なので、バイトシーンは当然のように丸見え。
ワラワラと何処にいたのかと疑いたくなるほどのシーバスを目撃することでしょう。
その丸見えバイトに興奮しないアングラーはいないのではにだろうか?

ワームの釣りは、その全てをアングラーが操作しなければならず、ルアー任せに動くハードルアーより更にルアーフィッシングの原点に近い。
(トップも自分で操作するだろ!っと突っ込まれそうだが、トップを操作することとは比較にならないくらいアングラー頼りだということ!)

とにかく、その釣り方の詳細はCap森田のシークレットMethodなのでここでは明かすことは出来ないが、使うワームとそのリグはここに紹介します。

もちろんRealに遊びに来た際はその全てを明らかにします。

これを参考にして、ワームをもって遊びに来てはいかがでしょう!?
真夏の昼間に表層で100バイト以上(^^)を体験してみませんか?
手を出したがらなかったアングラーが実際、この釣りをやってみるとほぼ99%のアングラーは虜になっています。

使用リグ

ジグヘッド(ラウンドタイプ 1/8oz(3.5g)がメイン  *ここ重要!

ワームは
スラッゴー4.5インチ
ティムコ(ゲーリーヤマモト) シャッドシェイプワーム
エコギア ミノーM(グラスミノーでは無い) *ここ重要

カラーはアングラーが視認しやすいように「白」、「ピンク」、「イエロー」等

以上。揃えるのも簡単でしょ!

Method topに戻る


Copyright(C) 1995 Real All Rights Reserved.